X線作業主任者

X線作業主任者試験に一発合格した勉強方法をお伝えします。

投稿日:2017年10月17日 更新日:

2017年の1月にX線作業主任者試験に一発で合格しました。

会社で仕事をするのに必要だから取ってということで、X線って何? という状態でしたがX線作業主任者試験を受けることになりました

この記事を見られている方も同じような理由の人が多いと思います

会社で受けるということは、同僚や先輩、後輩など自分以外の人も受けると思います。自分一人だけ落ちたらどうしようと思っていませんか。

でも、この記事を見られている方は大丈夫です。一発合格した勉強方法をお伝えします。

試験内容が大幅に変わらない限り、この方法で一発で受かると思います。

一応、先にお伝えしておきますが、
X線作業主任者試験は勉強しないと受かりません。専門的な問題が出ます。一般常識がいくらあっても合格はしません。

この記事をみて、勉強した気になっている人も受かりません。

まずは専門的な問題が出るから勉強しないと受からないということを認識してください。

スポンサーリンク

試験の概要を把握しましょう

<試験科目、問題数と配点>

試験科目は4つです。試験の問題数と配点は覚えておきましょう。

①エックス線の管理に関する知識
(10問、30点)

②関係法令
(10問、20点)

③エックス線の測定に関する知識
(10問、25点)

④エックス線の生体に与える影響に関する知識
(10問、25点)

<試験時間>

試験は午前と午後に分かれています。

午前 ①と②の科目で2時間
午後 ③と④の科目で2時間

午前も午後も勉強していれば30分程度で終わります。途中退出可ですので(1回出たら入れません)、午前の科目が終わったら、③と④の勉強が出来ます。

<合格基準>

合格基準は決まっています。
以下の条件を全て満たすこと。

・総得点が6割以上
・各科目の点数が4割以上

<合格率>

合格率は55%程度です計算問題の難易度によって若干左右されるようです。

<難易度について>

専門的な問題が出ますので勉強しなければ受かりません。だからといって難問が出るわけではありません。

出題されるパターンはある程度決まっていて、過去問も公表されています。勉強して過去問を解けば独学でも十分に受かると思います。

逆にいうと、過去問を解かなければ受からないと思って下さい。

勉強する期間、準備するもの

<勉強する期間の目安>

勉強できる時間にもよりますが、毎日勉強できる人は、1ヶ月程度で十分受かる実力は着くでしょう。2日に1回しか勉強する時間がとれない人は2ヶ月程度かかりますね。

<準備するもの>

◎テキスト

テキストは使用しないと効率が悪くなりますので購入しましょう。一冊あれば十分です。私は下記の本を使用しました。

各項目毎に演習問題があり、各線量計の特徴なども表になっていてわかりやすいです。テキストはこの一冊があれば十分でしょう。

◎過去問(10回分)

X線作業主任者過去問で検索するとダウンロードできるサイトが出てきますので、そこからダウンロードしてください。

勉強方法

簡単にいうと、過去問を解いてどんな問題が出るのかを覚えるという方法になります。ただ、いきなり過去問をやってみても当然できません。なので、まずはブログで勉強します。とても参考になるブログがあります。

① ブログで勉強する。

私はこのブログで勉強しました。目次にある項目は全て目を通します。
一週間程度で終わらせましょう。

② 過去問を解く。間違えた箇所を勉強する。これを繰り返します。

ここから過去問を解いていきます。
最初は解説付きの過去問を解きます。
答え合わせをして間違えたところを確認します。解説をみてもブログをみても判らないときに、テキストを見ます。

最初からテキストをやるとボリュームが多過ぎて時間がかかってしまいますので、解説をみても判らないときにテキストを使いましょう。

過去問の計算問題を私なりの解き方で解説しましたので、ぜひご覧ください。

1日1回分を解いて間違えたところを勉強します。10回分を解き終わったころには、ちゃんと間違えた箇所を勉強して、なぜ間違えたのかを理解していれば、合格ラインを超えているはずです。

1日1回分の過去問をしていれば、10日で10回分終わりますね。

そんなに時間を取れないという方もいると思いますので、目安としては2〜3週間程度で終わらせるようにしましよう。

ここまでくれば、
試験にどんな問題が出るのかわかっている状態のはずです。そして、過去問で合格ラインを超えているはずです。

どんな問題がでるかわかっていない人は、過去問を解く回数を増やしてみましょう。

また合格ラインを超えていない人は、間違えた箇所を勉強し直しましょう。

試験に望む前に自分は受かるとわかっていて、試験に望みましょう。

過去問で合格ラインを超えているあなたは、きっと合格できますので、落ち着いて試験に望みましょう。試験時間は余る程ありますので、必ず見直しましょう。

それではご健闘をお祈りします。

 

PS

エックス線作業主任者の試験科目、管理の試験傾向を記載しました。ぜひ参考にしていただければと思います。

エックス線作業主任者試験(管理)の試験傾向

エックス線作業主任者を受ける方に必要な情報をまとめました。

 

Sponsored Link

-X線作業主任者

執筆者:


  1. kagiya より:

    PINATANさん初めまして。突然ですいません。
    ご報告を兼ねてご連絡差し上げました。
    本日、エックス線作業主任者の合格発表があり私の番号が確認できました。
    そのお礼共々ご連絡しました。
    PINATANさんのこのブログで本当に!非常に!助かり、独学で合格する事ができました。
    あらためてお礼申し上げます。本当に感謝しております。
    私は約25年程サラリーマンを経て、今までと全く違う業種で独立し、今現在で6年目になりました。
    現在取引のある業種の関係で今回のエックス線作業主任者資格を所得する経緯があり、どうやればいいのか
    分からずググッていましたら、こちらのブログにたどり着き、書かれている通りに実践しました。
    ただ、仕事の関係で目標の試験日には間に合わず、11/20に向けて勉強し一発で合格出来ました。
    何より、PINATANさんの計算方法が一番分かりやすく、理解ができたので進めることできました。
    突然の長文申し訳ございません。今後も頑張ってください。
    また、ご縁がございましたら宜しくお願い致します。

    • pinatan より:

      kagiyaさん
      はじめまして、ご連絡ありがとうございます。そして、X線作業主任者試験合格おめでとうございます。
      この記事を読んで実践しての合格とのこと、とても嬉しいです。また報告までして頂き、本当にありがとうございます。
      少しでも世の役に立てたことがとても嬉しいです。
      サラリーマンから独立されて6年目とのこと、私もこのブログタイトル通り独立を目指していますので、起業の勉強をして頑張りたいと思います。
      コメントを頂きありがとうございました。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

X線作業主任者の計算問題を解説。(過去問2018年4月)私はこう解いた。

こんにちは、独学でX線作業主任者に一発合格しました。 ここでは、公表されているX線作業主任者試験過去問の計算問題を扱い、私の解き方をお伝えしていきます。 この記事がみなさんのお役立ちとなれれば幸いです …

エックス線作業主任者試験「測定」の計算問題を解説(過去問2018年4月、2017年10月、2017年4月)

今回はエックス線作業主任者試験「測定」の項目の計算問題について、公表されている過去問を使用して、私なりの解き方を解説していきます。 Contents1 エックス線作業主任者試験 過去問 解説1.1 過 …

エックス線作業主任者

エックス線作業主任者試験「測定」の計算問題を解説(過去問2016年10月)

今回はエックス線作業主任者試験「測定」の項目の計算問題について、公表されている過去問を使用して、私なりの解き方を解説していきます。 Contents1 エックス線作業主任者試験 過去問 解説1.1 過 …

エックス線作業主任者を受ける方に必要な情報をまとめました。

こんにちは、2017年にエックス線作業主者の試験に独学で合格しましたPINATANです。 エックス線作業主任者の資格を取ろうとしている方へ、試験の概要、受験資格、受験申請、勉強方法、参考になるサイトな …

エックス線作業主任者試験の過去問(計算問題)の解説一覧。私はこう解いた。

こんにちは、エックス線作業主任者試験を受けられる皆様へ。 公表されている過去問を扱い、私なりの解き方で計算問題を解説しております。解説したものはこのページにまとめていきます。 少しでも皆様のお役立ちと …

カテゴリー

アーカイブ