ダウン症育児

次女(ダウン症児)の成長記_4歳

投稿日:2017年10月21日 更新日:

次女(ダウン症児)の成長記

こんにちは、三姉妹の父です。次女がダウン症児で産まれ4歳となりました。

産まれたときは心臓に穴が開いていたり、血液検査で引っ掛かったりで、PICU(小児集中治療室)に2ヶ月間いました。手術をして退院して。。。色々なことがありましたが、今はとても元気に成長してくれています。

笑っている姿がいつも幸せな気分にさせてくれます。家族の中で1番笑顔なのが次女と感じています。

4歳となった次女のことを綴っていこうと思います。この記事を読んでいる方に少しでもお役立ちとなれれば幸いです。

4歳となった次女の紹介

◎性格はひょうきんでお調子者。

モノマネをよくやります。赤ちゃん(三女)にミルクをしていると、赤ちゃんのお人形を持ってきて抱っこしてミルクのモノマネをしています。

お風呂では髪を洗う姿を見て、髪をワシャワシャしています。ボディソープを髪につけたりします…

トイレに入っているとドアをトントンしてます。こちらがドアを開けると、ドアを閉めます。そして開けます。それを繰り返し、トイレから出ようとするとドアを閉めてダッシュで逃げていきます。いたずらしているようです。

◎優しすぎ?主張が弱い

三女が泣いていると頭をヨシヨシしてくれます。そして抱っこしようとします。気持ちはわかるけどムリですよ…

そんな優しさを持つ娘ですが、子供の「これ買って、これ買って」みたいなぐずりが少ないです。

たまにはあるのですが、主張が弱いのと、別のことがあると忘れてしまうのか、さっきまでしていた主張はしなくなります。

さっきの主張はどこにいったんですかという感じです。

◎大きな声で泣かない

遊んでいたおもちゃを友達に取られたり、怒られたりすると、下を向いて静かにしています。顔を見ると静かに涙を流してる。

だいたい下を向いているときは、泣いてるか、しょんぼりしているときです。見かねて声をかけるまで下を向いているので、もっと大きな声で泣いてほしいと思います。

泣いてることに気付かれないので、我慢しないで大きな声で泣いてほしい、もっと主張してほしいです。

でも、最近は主張が以前よりはするようになっていると思います。少しずつできるようになるといいね。

◎三女(4ヶ月)に泣かされる次女

先日、三女と遊んでいた次女。二人とも顔を見てきゃっきゃっして笑っています。

三女に次女が近づいていくと三女が笑う。それを見た次女が笑う。そしてその笑った次女を見て三女が笑う。傍から見ると謎の笑いの循環です。

が、

三女がおもちゃを取ろうと寝返りをしようとして、できなくておもちゃが取れなくて、イライラしてあうーあうー言い出しました。

だんだん三女のイライラが強くなり、それを見た次女はなんか怖くなったのか泣き出しました。そして三女も泣き出し負の循環へ…

◎食べ方がワイルド

まずご飯が好き。おかずはいりません。白飯だけで2杯は食べます。ワイルドだろ〜

飲みこめるものは噛まずに飲む。危ないので噛むように教えていますが、飲んでしまいます。

スプーンやフォークでうまく取れないときは、手でいく。ナポリタンだろうがカレーだろうが焼き鳥(タレ)だろうが。

そしてその手で髪をかきあげるのです。ワイルドだろ〜と言わんばかりに。

次女のワイルドさをまとめてみました。
▷▷次女(ダウン症)のワイルドエピソード

来年から幼稚園に

◎療育に月に2回通う

現在は療育施設に月2回通っています。来年からは幼稚園に行きます。

週に3回療育施設に通い、2回は幼稚園に通うことになりました。

月に2回だったのが療育と幼稚園を合わせると週5回になります。

幼稚園に通うと大きく生活環境が変わります。その前に療育施設に通い、集団生活や分離に少しでも慣れてくれればと思います。

◎幼稚園では加配の先生が付いてくれる

幼稚園では、障害のある子には先生が一人専任でついてくれます(加配の先生)。ここまでしてくれる幼稚園はあまりないと思います。先生の人数も限られていて人数制限がありました。

もし加配の先生を付けて障害のある子も見てくれる幼稚園があれば早めに入園を希望していることを伝えると良いと思います。

▷▷加配とは、幼稚園で加配の先生がダウン症の娘に付いてくれました。

◎入園説明会

幼稚園の入園説明会に行ってきました。「オムツは取れていることが望ましい」

まだ次女はオムツが取れていません。今までに2回ほどトイレに行ってオムツを指さし、脱がせてトイレに座らせるとオシッコするという素晴らしいことをしてくれました。絶望的な状態ではないです。

少しずつがんばろう。次女よ。

入園説明会の様子はこちら
▷▷次女(ダウン症)の成長記録_4歳_幼稚園の入園面談で大泣き

愛されキャラ

◎どこでも楽しめる

次女の最も良いところと思います。

療育の先生も娘の良いところとして、何をしても楽しめるところと言っていました。本当に素晴らしいことだと思います。

知らない人にも笑顔を振りまき、4歳ですが4ヶ月の三女にも負けないかわいさを持ち合わせています。

◎愛されキャラまとめ

・三女の残したミルクを飲もうとします。哺乳瓶を持って走り去ります。

・家族が好き。特にお父さんのことが好き。毎日、お父さんの布団で寝ています。

‎・走り方がかわいい。キャンキャン走る感じです。

・喜び方がかわいい。手を回しながらワーイワーイ飛び跳ねています。

少し喋れます。

「あえー(あれー)」

「はぁくー(早く)」

「いこか(行こうか)」

▷▷次女(ダウン症)の成長記_4歳_言葉・コミュニケーション編

療育手帳を取りました

2017年5月に療育手帳をとりました。次女は知的障害の中度のようです。IQテストしたみたいで3歳半で受けて結果は1歳半くらいのIQらしい。とりあえず手帳取れたからいいでしょう。

療育手帳を持っていると、遊園地、水族館など施設で割引が受けられたりします。

特別児童手当などももらえたりしますので、早めに申請しましょう。申請してテストなどありますので、発行されるまでに2ヶ月程かかりました。

▷▷療育手帳を取得した次女(ダウン症)うちの中では神に。

さいごに

◎「十人十色」

健常者でもダウン症児でも、一人ひとりに個性があります。ダウン症だからおとなしい、頑固だということはないと思います。健常者におとなしい人もいれば、よくしゃべる人もいるように、ダウン症にも色々な性格の子がいます。

この記事を読んでいる方には、ダウン症児の親となる人、なっている人、ダウン症児と接する人もいると思います。そんな方々、そして読んでいる方のお役立ちとなれれば幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

▷▷次女(ダウン症)の成長記_4歳1ヶ月

 

Sponsored Link

-ダウン症育児

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

次女(ダウン症)の成長記_4歳1ヶ月

  Contents1 はじめに2 体の成長を感じました3 単語が聞き取れるときも4 三女に嫉妬する次女5 弱いものいじめ6 とにかくモノマネ7 ぺんぎん歩き8 好きなものを確保するように9 …

次女(ダウン症)の成長記_4歳_運動編

こんにちは、三姉妹の父、次女(ダウン症児)の父のPINATANです。4歳となった次女の運動についてをお伝えしていきたいと思います。 Contents1 次女(ダウン症)の運動について1.1 筋肉があま …

4歳3か月となった次女(ダウン症)の食べ方。ワイルドです。

こんにちは、三姉妹の父のPINATANです。次女は4歳3か月となりました。すくすくと成長してくれています。今回は次女の食べ方について記載していきます。 次女の食べ方には特徴があります。バランスよく食べ …

次女、アンパンマンミュージアムに行く。

こんにちは、三姉妹(次女はダウン症)の父です 次女はアンパンマンが大好きです。4歳4ヶ月となっても大好きです。いまだアンパンマンの魔法は解けず。 平日に休みが取れましたので、アンパンマンミュージアムに …

次女(ダウン症)の入園式、泣きつかれて寝てる…

こんにちは、ダウン症児(次女)の父です。三姉妹の父でもあります。 次女が生まれてから4年。次女が入園(年中)する日が来ました。 おめでとう。   園服を着て駐車場から幼稚園に向かって歩く次女 …

カテゴリー

アーカイブ