ダウン症育児

ダウン症の娘の幼稚園生活スタート、療育に通っていたので比較的スムーズに。

投稿日:2018年4月14日 更新日:

こんにちは、三姉妹の父です。次女はダウン症で4歳となり、今年から幼稚園(年中)に通います。

療育にも通っており、週の月火水は療育に木金は幼稚園に通います。

先日、入園式を迎え、ついにスタートした幼稚園生活。親としては不安と期待が入り混じっています。

ダウン症の娘がどんな幼稚園生活を送っていくのかお伝えしたいと思います。

ちなみに娘には加配の先生が付いています。

▽▽加配について詳しくはこちら
加配とは、幼稚園で加配の先生がダウン症の娘に付いてくれました。

幼稚園生活1日目 ヤクルトを飲む


ヤクルト

娘は幼稚園には週に2回(木、金)です。幼稚園スタートの最初の週は下のようになりました。

月曜日 入園式
火曜日 療育
水曜日 療育
木曜日 幼稚園1日目
金曜日 幼稚園2日目

お友達が幼稚園3日目の時に、娘は幼稚園1日目となります。

送り迎えは車に

幼稚園に行くときは車で送り迎えをします。バスは週に2日のため使えませんでした。

幼稚園にいる時間

娘を預ける時間 8時30分〜9時20分
迎えに行く時間 11時30分まで
(11時30分以降は延長料金が発生するそうです。)

幼稚園にいる時間は約2時間から2時間半くらいです。

泣いたのは預けた時だけ

娘と幼稚園まで行き、先生に預けたときものすごく泣いていました。振り返ると辛いので、振り返らずに幼稚園を出ていきました。

およそ2時間経ち、娘を迎えに行きます。娘はにこやかに笑って、こちらに手を振っておりました。

先生から今日の様子を聞くと、泣いたのは最初だけで、教室に入って1分くらいで普通に遊び始めていたそうです。

療育に行って分離をしていたおかげかもしれません。

初日は何をしたの?

幼稚園にいる時間は2時間程度、何をしたのか、先生が話をしてくれました。

おもちゃで遊んで、ヤクルトを飲みました。

ヤクルトで幼稚園は楽しいところと思わせる作戦のようです。

そして

娘は初日なのでお友達の前に立って先生が紹介してくれたそうです。

「今日から新しいお友達のタマちゃんです。みんなよろしくね〜」と先生が紹介してくれたと思われます。(勝手な想像です。)

※タマちゃんとは娘が妻のお腹の中にいた時に呼んでいた名前です。

さっそくオムツ替えてもらったそうです

タマちゃんは初日にしたそうです。なのでオムツ替えてもらいました。先生初日なのにすみません。

幼稚園ではトイレの練習もしてくれるそうです。なので家でも毎朝練習するようにしました。

初日まとめ

泣いたのは最初だけて大きな問題はありませんでした。途中泣き出すわけでもなく、先生を嫌がっているわけでもなく、かなり順調なスタートでした。療育に通っていたことが非常に大きいように感じます。

幼稚園生活2日目 牛乳を飲む

初日と同じで幼稚園にいる時間は約2時間程度でした。

預ける時は泣く

9時にタマちゃんを先生に預けるときは泣いていました。上履きを履かせているぐらいが一番泣きます。

しかし、教室に入ると1分で泣き止むそうです。ハヤクネ,モットナケヨ

2日目は何をしたの?

おもちゃで遊んで、牛乳を飲みました。

その牛乳を飲んでる時、タマちゃんは嬉しそうに飲んでいたそうです。

そしてお友達から「タマちゃんが嬉しそうに牛乳飲んでる」と言われたそうです。

みんなの列に並んで廊下を歩いてる

迎えに行った時、タマちゃんを発見。みんなでどこかに行って教室に帰っているところでした。タマちゃんが列に並んで歩いていました。しかも名前順に並ぶそうで真ん中くらいに。

そんなことできるなんて思っていなかったのと、一番後ろで先生と一緒にいるのかと思っていたら真ん中にいたので驚きでした。

教室で座る位置は端っこではなかった

座席表を見たらタマちゃんは真ん中の列のやや廊下よりでした。

週2回ということと、加配の先生が付くので座席は端っこと勝手に思っていました。これもかなりの驚きでした。

みんなが立つと立とうとする

言葉が判らないので先生が言うタイミングでは立てませんが、みんなが立つと立とうとしていたそうです。

なんだか先生の話を聞くたびに嬉しくなります。

2日目まとめ

牛乳を飲んで嬉しくて友達に嬉しそうと言われた。みんなと一緒に並んで歩いていた。しかも真ん中に並んで歩いていた。座席が真ん中の方だった。

2日目も大きな問題なく楽しそうに過ごしている様子です。家でも今まで通りな感じで、スムーズに幼稚園に行けたなと思っています。

ダウン症の娘の幼稚園生活のスタート。記載しました。スムーズにいけたことは良かったですし、娘の可能性を感じられたのが嬉しいです。

私が勝手にここまではできないと思っていたところがあったことに気付かされました。反省しています。

入園式の時は泣き疲れて寝ていたのに、子供はすごいなと思います。

▷▷次女(ダウン症)の入園式、泣きつかれて寝てる…

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

Sponsored Link

-ダウン症育児

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

次女(ダウン症)の成長記_4歳_言葉・コミュニケーション編

こんにちは、三姉妹の父、次女(ダウン症児)の父のPINATANです。4歳となった次女とのコミュニケーションをお伝えしていきたいと思います。 うちの次女の場合、まだまだしゃべれていないですが、十分コミュ …

次女(ダウン症)の成長記_4歳ワイルド編

こんにちは、三姉妹の父、次女(ダウン症児)の父です。4歳となった次女のワイルドエピソードをお伝えしていきたいと思います。 読んで頂いている方のお役立ちとならない可能性が高いです。 でも、次女が産まれて …

加配とは、幼稚園で加配の先生がダウン症の娘に付いてくれました。

こんにちは、ダウン症児(次女4歳)の父です。三姉妹の父でもあります。 次女がダウン症であることを告げ、幼稚園の入園を希望したときに、園長先生が「加配の先生をつけましょう」と言われ、初めてその言葉を知り …

次女(ダウン症)の成長記_4歳_運動編

こんにちは、三姉妹の父、次女(ダウン症児)の父のPINATANです。4歳となった次女の運動についてをお伝えしていきたいと思います。 Contents1 次女(ダウン症)の運動について1.1 筋肉があま …

4歳3か月となった次女(ダウン症)の食べ方。ワイルドです。

こんにちは、三姉妹の父のPINATANです。次女は4歳3か月となりました。すくすくと成長してくれています。今回は次女の食べ方について記載していきます。 次女の食べ方には特徴があります。バランスよく食べ …

Sponsored Link




カテゴリー

アーカイブ