ダウン症育児

ダウン症の娘の幼稚園生活、3日目と4日目。行くときはショボショボ歩く。

投稿日:2018年4月20日 更新日:

こんにちは、三姉妹の父です。次女はダウン症で4歳となり、今年から幼稚園(年中)に通い始めて一週間が経ちました。

療育にも通っており、週の月火水は療育に木金は幼稚園に通います。

今回は幼稚園生活の3日目と4日目についてお伝えしたいと思います。

ちなみに娘には加配の先生が付いています。

▽▽加配について詳しくはこちら
加配とは、幼稚園で加配の先生がダウン症の娘に付いてくれました。

幼稚園生活3日目 幼稚園までショボショボ歩く

娘は幼稚園生活3日目です。でもお友達は幼稚園生活9日目、実際はみんな年少から上がってきているので幼稚園生活2年目です。

最初から差を感じてしまいますね。がんばれタマちゃん。

幼稚園までショボショボと歩く

駐車場についたあたりで、今日は幼稚園に行くことが分かったようです。駐車場から幼稚園まで5分くらい歩くのですが、明らかにショボショボと手をつないで歩いています。

幼稚園に着いて靴を脱いで、靴を下駄箱にいれて。その間もショボーンとしています。そしてバイバイすると「行かないでー」と言わんばかりに泣いていました。

が、あとで先生の話を聞くと、「クラスに入って少ししたら普通に遊んでいましたよ。」

なぜ幼稚園に行くときはションボリしてクラスに入ると普通になるのか考えてみました。

実は幼稚園は好き。早く幼稚園に行きたいけど、そう言うとお母さんがなんだかかわいそう。だから離れるときに「行かないでー」みたいな演技をしている。お母さんのために。

そんな訳ないな。アホなことを考えてしまいました。

単純にお母さんと離れるのが嫌でションボリして、クラスに入ったらクラスで楽しもうということでしょうか。

体育で泣いている子につられて一緒に泣く

3日目は体育があるそうで、体操服を着て登園しました。で、体育したそうです。体育って何してるんだろう。

お友達の1人が泣いてしまったようです。その子につられてタマちゃんも泣いたそうです。

ダウン症の子は周りの雰囲気を敏感に感じとる特徴があると聞きます。

長女が泣いたときはよく次女(タマちゃん)も泣いていました。

3日目のまとめ

幼稚園に行くときはションボリと歩いく。でもクラスに入ると泣き止んで普通に遊ぶ。

体育ではお友達が泣くのにつられて一緒に泣く。

まだまだ3日目なので慣れない中でがんばっていると思います。家での様子は以前よりも甘えているように思います。抱っこの回数が増えてます。

幼稚園生活4日目 1日保育

4日目からは1日保育で給食を食べます。今日はどんな幼稚園生活を送ったんだろう。

幼稚園まではションボリ

3日目と同様に幼稚園に行くときはションボリしていました。

靴を脱ぐところではやはり泣き、親はその場にいてもしょうがないので、先生に預けてササッと帰るようにしています。

で、幼稚園の門を出て、娘に見えないところでこっそり様子を見てみました。

見たときにはすでに泣き止んでいて、加配の先生と下駄箱のところでうわばきを履いています。けっこう長い間…。いつまで下駄箱のところにいるんだろう……と思うほど。

別にぐずっているわけではないみたいでした。

給食 先生の給食も欲しがる

4日目は給食がありました。給食は楽しく食べたそうです。で、自分の分を食べた後、先生の給食も食べたそうにしていたそうです。

家では甘えてくることが増えたような気がする。

以前よりも甘えてくるようになった気がします。4月に入って幼稚園に通うようになりました。また、療育では先生が変わり教室も変わっています。

色々な環境が変わりました。疲れたりストレスが溜まったりとあると思います。本人が甘えたいと言ってきたら、思いっきり甘えさせようと思います。特に4月、5月は大変だと思いますので。

先生や教室が変わって、新しく通うところにも行ってとなれば、大人でも大変ですからね。

4日目のまとめ

幼稚園に行くときはションボリと歩く。バイバイするときは泣くけど、バイバイした後は下駄箱のところですでに泣き止んでいる。なぜか下駄箱のところに長く居座る。うわばきを履くのに時間がかかったのか。

給食では先生の給食も食べたがる。

環境が変わって甘えることが増えてきた。

幼稚園生活は始まったばかりです。そして療育もあります。

環境が大きく変わった4月ですが、少し甘えることが増えただけで特に大きな問題なくスタートできていると思います。

気をつけていることは甘えてきたときは甘えさせるようにしています。

家ではご飯を食べさせてくれと言うので、「あーん」しています。以前はほとんどなく自らガツガツ食べていました。

「抱っこしてくれ」が少し増えました。

その程度です。これからも娘の成長を見守りたいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

Sponsored Link

-ダウン症育児

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ダウン症の大人の生活って?活躍するすごい方たち

ダウン症の大人の生活ってどういう生活なんだろう。うちの娘はどんな大人になるのだろう。 ふと考えてしまい、調べていたら色々な情報がありました。ダウン症のサイト、活躍している方たち、世界ダウン症の日などな …

ダウン症の娘の性格や特徴、生まれてからの子育てや生活を振り返って

こんにちは、三姉妹の父です。次女がダウン症で4歳となりました。 元気にそしてゆっくりと成長しています。いつもかわいい笑顔をもらっています。 今回は生まれてからのことを振り返り、娘の性格や特徴、娘との生 …

ダウン症の歴史という本を読んだら歴史が暗黒すぎた件

最近「君たちはどう生きるか」という本を読みました。そこで「温故知新」という考えに感化され、ダウン症についてのブログを書いているのだからまずは歴史を学ばねば。 ということから「ダウン症の歴史」という本を …

療育手帳を取得した次女(ダウン症)うちの中では神に。

こんにちは、三姉妹の父、ダウン症児(次女)の父のPINATANです。 療育手帳があることを知り、申請したら2か月くらいかかりましたが療育手帳を取れました。 療育手帳をとってから色々調べたのですが、いろ …

次女(ダウン症)の成長記_4歳1ヶ月

  Contents1 はじめに2 体の成長を感じました3 単語が聞き取れるときも4 三女に嫉妬する次女5 弱いものいじめ6 とにかくモノマネ7 ぺんぎん歩き8 好きなものを確保するように9 …

カテゴリー

アーカイブ