ドラえもん

映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生 あらすじ、レビュー

投稿日:

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/movie_collection/

「むかしむかし、日本をつくったのは勇気と友情でした。」

【あらすじ】

真夏の暑さにたえられなくなったのび太とドラえもんは、『どこでもドア』で巨大な氷山へ。そこでドラえもんのひみつ道具『氷細工ごて』で、遊園地を作ることにしたのび太たちは、氷漬けになっているふしぎな腕輪(リング)を見つける。調べてみたところ、その腕輪が氷に埋まったのは、なんと10万年前の南極だった…!
腕輪の落とし主を探しに、南極へと向かうのび太たち。すると、南極の氷の下に巨大な都市遺跡(いせき)が姿を現す。腕輪を落とし主に届けるため、のび太たちは、『タイムベルト』を使って、10万年前へと向かうが…!?家出を決心したのび太は、ドラえもん、しずか、スネ夫、ジャイアンと共に、タイムマシンでまだ誰もいない7万年前の日本へと向かう!
大自然の中に自分たちだけのパラダイスを作り、たっぷり遊んだのび太たちは、いったん戻った現代で、時空乱流(じくうらんりゅう)に巻き込こまれてしまった原始人の少年・ククルと出会う。ククルの家族がいるヒカリ族は、精霊王(せいれいおう)ギガゾンビとクラヤミ族におそわれたという。
ククルとともに原始時代に戻った5人は、ヒカリ族を救うため立ち上がる…!

【主題歌】山崎まさよし『空へ』

【予告編】

【プロモーション映像】

【特報】

【レビュー1】

旧作はどちらかというと「怖さ」、ギガゾンビ・ツチダマ・マンモスの謎めいたおどろおどろしさが印象的でしたが、リメイクは「原始時代の日本という舞台を活かしたのび太の成長物語」という感じですね。
双方に異なる魅力がありますが、「テーマにピントが合っている」という点で言えば、リメイクに一票を入れたいと思います。

おそらく、自立と自立にともなうジレンマを主題にした作品なのでしょう。
「親と子」(ママとのび太、両親とククル、のび太と三匹のペット)、「未来人と原始人」という題材を活かして、繰り返しテーマを描いています。
素材は旧作そのまま(家出、ペット、未来人と原始人)。ですが、その素材同士が結び付けられて、まとまりのある「成長物語」という料理になっている印象です。

旧作の「家出」はあくまで冒険のきっかけのような扱いでした(暗黙に、やはり自立のテーマを暗示していたかもしれませんが)。のび太たちに「家出」がどのような影響を与えたかがはっきり語られることはありませんでした。
一方リメイクでは、影響がかなり明瞭に描写されています。家出したのび太を心配するママの描写が強調されていますが、その心情とのび太がペットたちを心配する心情が対比されています。
のび太はのび太の考えがあり家出をしましたが、その途中で、自分が「子を心配する親」の立場になる。それがエンディングののび太とママの姿に繋がるのだと思います。

また、ママの心配のような「親の愛」は肯定されますが、それにより「家出」(自立)そのものが全否定されることはありません。
遭難したのび太の見る幻、それに対するのび太の独白。原始人たちは未来人に導かれるのではなく、自分たちの知恵で進歩していくというドラえもんの言葉。リメイクで追加された強敵を打ち負かす切っ掛けになったククル(原始人)の知恵。
自立は親にとっても子にとっても、時に苦痛を伴うものだが、それでも素晴らしいものなんだよ、というメッセージを感じました。

繰り返しになりますが、旧作の素材をそのまま活かして、明瞭なテーマのもとに話を纏め上げた良作だと思います。(逆に言えば、テーマが明確化されすぎて、教訓的・説教的に見えるかもしれませんが…)

個人の趣味ですが、新作ののび太は優しい少年の性格が強調されていて、だいぶかわいいですね。私は結構好きです。旧作の毒気のあるwドラえもん、のび太たちももちろん好きです。その時その時の気分で、旧作を観たいときと新作を観たいときがありますね。

【レビュー2】

旧作だと終盤ほとんどTPが片づけてしまい、
タイムロック後ククルが出てくるのはエンディングくらいですし
ドラえもんたちメインキャラの活躍も薄めになっていますが
今作は全編通して活躍し、ククルやペットたちとの絡みも多く
のび太たちが絆を深め合っていく様子がきちんと描かれていると思います。
また、序盤から伏線を散りばめながらそれを全部回収するのがとても気持ちいいです。
人によって捉え方はさまざまですが、私は見せ場の演出も鉄板で好きでした。

石槍に関するドラえもんの最後の台詞もストーリーが見事にハマっていてよかったです。
最後は分かり易いお涙ちょうだいかもしれませんが、私は何度見ても泣いてしまいます。
スタッフロール中にエピローグを入れてくれるのも嬉しいですね。

レビュー参照  https://www.amazon.co.jp

 

Sponsored Link

-ドラえもん

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ドラえもん映画を見始めて、勝手にオススメランキング始めました

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/cast/   ドラえもん好きの娘につられて一緒にドラえもんを見始めたら、 家族みんなでハマってしまいました。 私が見た …

映画ドラえもん のび太の南海大冒険 あらすじ、レビュー

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/movie_collection/ 「宝島発見!?ドラマチックですこし不思議な、マリン・アドベンチャー!!」 【あらすじ】 「宝島 …

映画ドラえもん のび太と鉄人兵団 あらすじ、レビュー

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/movie_collection/ 「地球をねらう鉄人兵団来襲!ドラたちと巨大ロボット軍団の一大決戦がはじまる!!」 【あらすじ】 …

映画ドラえもん のび太とブリキの迷宮(ラビリンス) あらすじ、レビュー

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/movie_collection/ 「敵か、味方か!?不思議なおもちゃたち。謎が、謎呼ぶ大冒険!」 【あらすじ】 ある日のび太の家 …

ドラえもんの海底鬼岩城を30年ぶりに見た感想

こんにちは、三姉妹の父です。我が家にドラえもんブームが到来しております。 娘たちがドラえもんに興味を持ち始めたのでドラえもんのDVDを良くみるようになりました。 今までワンパターンのアンパンマンを見て …

Sponsored Link




カテゴリー

アーカイブ