ドラえもん

映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝 あらすじ、レビュー

投稿日:

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/movie_collection/

「ぼくたち、また会えるよね。」

【あらすじ】

シリーズ25作目。川で溺れかけていた子犬を助けたのび太は、イチという名前をつけ、内緒で部屋の中で飼うことにした。
そんなある日、裏山が人間に捨てられた犬や猫たちでいっぱいになっていることを知ったのび太は、イチを含む犬や猫たちを小さくしてタイムマシンに乗せ、3億年前の人間が誕生する以前の世界へ連れて行く。そして、イチに自分たちの力で暮らしていける方法を教えこむ。
翌日、タイムマシンで、再びイチのいる世界へ向かうが、時空のねじれに巻き込まれてしまい…!?

【主題歌】島谷ひとみ『YUME日和』

【予告編】

【レビュー1】

映画だとのび太くんは優しくて勇気があって強い。そして泣かせてくる。
島谷ひとみさんの歌が素敵でした。
あと、スネ夫の声優新旧共演が聞けて嬉しかったです。

【レビュー2】

個人的に、この映画はストーリー・ゲストキャラともに
歴代でも上位の出来だと思っています。

劇場版ドラえもんでいいな、と思える作品は
どれものび太くん(たち)とゲストキャラの絆がしっかり描かれています。
(他でいうと太陽王伝説・翼の勇者たち・ふしぎ風使いなど)
その点だけで言うとワンニャン時空伝がナンバーワンだと思います。
のび太くんとイチの関係は文句なしに胸を打ちます。

のび太くんの「ドラえも~ん!」というセリフとともに
OPが流れるというお約束がありますが、
ワンニャン時空伝ではのび太くんの「ドラえも~ん!」に加えて
ドラえもんも「のび太く~ん!」と叫んでいます。
これはワンニャン時空伝が最初で最後だったと思います。
(新では逆にドラえもんがのび太君を読んでOPになってるものがあります。)
ストーリーもしっかり作りこまれてておもしろいです。
イチを通じて感じるのび太くんの優しさは、感動的なシーンではないのに涙がにじみます。
犬猫の世界の描写もしっかりされるので世界観に入っていきやすいです。

初期作品は思想がかなり強くでています。
(それでももちろんおもしろいですが!)
それが中期あたりから少しずつ薄まって、ワンニャン時空伝に限らず
後期はどれも丁度よくテーマが伝わるようになっています。
そして今まで積み重ねてきたものの集大成が、ワンニャン時空伝だと思っています。

レビュー参照  https://www.amazon.co.jp

 

Sponsored Link

-ドラえもん

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

映画ドラえもん のび太と奇跡の島 ~アニマルアドベンチャー~ あらすじ、レビュー

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/movie_collection/ 「進め!夢と希望の島へ。」 【あらすじ】 「タイムトリモチ」で500年前に絶滅(ぜつめつ)した …

映画ドラえもん のび太の人魚大海戦 あらすじ、レビュー

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/movie_collection/ 「ぼくらのキズナは、海より深い!」 【あらすじ】 シリーズ通算30作目。ひみつ道具の「架空水面 …

映画ドラえもん のび太の南海大冒険 あらすじ、レビュー

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/movie_collection/ 「宝島発見!?ドラマチックですこし不思議な、マリン・アドベンチャー!!」 【あらすじ】 「宝島 …

映画 STAND BY ME ドラえもん あらすじ、レビュー

  https://www.amazon.co.jp/STAND-ME-ドラえもん 第38回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞受賞作。 【あらすじ】 本作では、原作第1話「未来の国か …

映画ドラえもん のび太の宇宙漂流記 あらすじ、レビュー

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/movie_collection/ 「ぼくらの星☆地球を守るため、銀河の大冒険がはじまった!!」 【あらすじ】 シリーズ20作目。 …

カテゴリー

アーカイブ