ドラえもん

映画ドラえもん のび太と翼の勇者たち あらすじ、レビュー

投稿日:

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/movie_collection/

「ドキドキは、そらにある。」

【あらすじ】

出木杉から、鳥人伝説の話を聞いたのび太は、空を飛ぶ実験をしている途中で、翼の生えた鳥人間・グースケとぶつかってしまった。
ドラえもんに人力飛行機を修理してもらったグースケが、再び飛び立つと、突然、空に大きな穴が開き、みんなも吸い込まれてしまう。
穴の向こうには、鳥人間の世界“バードピア”が広がっていた!

【主題歌】知念里奈『Love You Close』

【予告編】

【レビュー1】

面白かったです(^^)
ひょんなことからのび太達は鳥人たちの世界に入り込んでしまって、そこで繰り広げられる物語も見応えがあり楽しかった。
今回は、完全にグースケに主役の座を奪われてるな、というくらい、鳥人間のグースケくんとミルクちゃんがよかった。
でも、一つだけ引っ掛かったのは、イカロスが、自分がグースケの父親だと名乗る場面が物語中に出てこなかったこと。
なぜ言わないまま終わってしまうんだろう、と、そこだけがもやもやした気持ちになった部分。
でも全体的には、とても好きな世界観なので見て損はなかったなぁ、と思いました。

【レビュー2】

ドラえもん達が、鳥人少年を通じて、鳥人世界に迷い込む。
そこは、人類とは異なる進化の可能性、鳥が進化して知能を持った世界。
人類世界とは、別に存在する世界だった。

鳥人たちは、人間を嫌悪する傾向にある。
人間世界では、彼らの同族の鳥類が、人間によって理由もなく殺され続けているからである。

そこで、人間世界で苦しんでいる同族、鳥たちを開放することを計画する。
人間世界へ侵攻するために、鳥人世界に眠る古代怪物を復活させる。

しかし、この古代怪物が暴走して、鳥人世界をも危険にさせる。
ドラえもん達が、鳥人たちと協力して、古代怪物を対処する。
ここに、人類と鳥類の相互交流が生まれる。

本作は、大魔境、海底鬼岩城、竜の騎士、雲の王国、創世日記とほぼ同じメッセージを伝える。
地上の人類の傲慢と、私達人類によって抑圧された他の生命の苦悩を描く。

レビュー参照  https://www.amazon.co.jp

 

Sponsored Link

-ドラえもん

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

映画ドラえもん のび太と奇跡の島 ~アニマルアドベンチャー~ あらすじ、レビュー

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/movie_collection/ 「進め!夢と希望の島へ。」 【あらすじ】 「タイムトリモチ」で500年前に絶滅(ぜつめつ)した …

映画ドラえもんのび太の宝島

ドラえもん映画一覧(予告動画、あらすじ、レビュー)

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/movie_collection/ 毎年3月の春休みに公開される映画ドラえもんは1980年『ドラえもん のび太の恐竜』から公開され …

映画ドラえもん のび太と鉄人兵団 あらすじ、レビュー

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/movie_collection/ 「地球をねらう鉄人兵団来襲!ドラたちと巨大ロボット軍団の一大決戦がはじまる!!」 【あらすじ】 …

映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争(リトルスターウォーズ) あらすじ、レビュー

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/movie_collection/ 「地球に不時着した小さな宇宙人パピ、ピリカ星を救え!いざドラたち5人の戦士は宇宙へ!!」 【あ …

映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生 あらすじ、レビュー

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/movie_collection/ 「むかしむかし、日本をつくったのは勇気と友情でした。」 【あらすじ】 真夏の暑さにたえられなく …

カテゴリー

アーカイブ