ドラえもん

映画ドラえもん のび太の宇宙漂流記 あらすじ、レビュー

投稿日:

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/movie_collection/

「ぼくらの星☆地球を守るため、銀河の大冒険がはじまった!!」

【あらすじ】

シリーズ20作目。未来の「スタークラッシュ」ゲームで宇宙探検を楽しんでいたところ、ジャイアンとスネ夫が、ゲームの中で迷子になってしまった!
しかもママがゲームの本体をゴミといっしょに捨ててしまったから大変!
だが、なぜかそのゲームは、UFOの中にあることがわかる。のび太たちは、宇宙救命ボートでそのUFOにやっと追いつくが…!?

【主題歌】SPEED『季節がいく時』

【予告編】

【レビュー1】

1999年という世紀末に公開された映画ですが、
有名なノストラダムスの予言や、当時社会問題となっていたユーゴスラビア紛争の難民問題などを盛り込みつつ、
機転の利く使い方でドラえもんの秘密道具を惜しみなく活躍させ、魅力的なキャラクター溢れる劇場版ならではの作品に仕上がっていると思います。

300年もの間、安住の地を求めて宇宙を彷徨う難民達と、人の心の弱さ、
それに付け入る悪の存在、立ち向かう少年たちの勇気、
力の入ったメカデザインなど、大人になった今でもワクワクする内容でした。
ラストのドラえもんが悪の元凶を倒す手段は、サラッとかなり怖い事をしていましたが…そうせざるを得ない危険な相手だったからかもしれませんね。
1985年「のび太の宇宙小戦争」と並ぶ完成度の高い映画だと思います。

【レビュー2】

20回目って云うこともあり良く出来てます。

クスリとなる笑い。
トラウマになりそうなプチ恐怖。
突然にやってくる涙溢れる感動場面。
ストーリーに無駄がなく詰め込み感満載。
裏切りから友情に変わる名場面。
ドラえもんのひみつ道具が絶妙に活躍する。
ヒラリマント好きには堪らない演出。
音がいいドルビーデジタル5.1chサラウンド。
アンゴルモアを演じる則巻千兵衛、ログを演じる孫悟空と声優陣が豪華。

珍しく、のび太ではなくジャイアンとスネ夫の「ドラえもぉーん」って最初始まる。

私的にはベスト5とかに入る作品では無いが良質なストーリーでドラえもん全盛期の最後の作品かもしれない。

レビュー参照  https://www.amazon.co.jp

 

Sponsored Link

-ドラえもん

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

映画ドラえもん のび太の南海大冒険 あらすじ、レビュー

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/movie_collection/ 「宝島発見!?ドラマチックですこし不思議な、マリン・アドベンチャー!!」 【あらすじ】 「宝島 …

懐かしくて面白い旧ドラえもん。DVDを家族で見たらドラえもんブームが到来した。

娘がドラえもんに興味を持ち始め、ドラえもんをテレビやDVDでよく見るようになりました。 子供の頃、ビデオに録画していたドラえもんの映画を何度も見ていたことを思い出しました。 子供の頃に見ていたドラえも …

映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム) あらすじ、レビュー

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/movie_collection/ 「ここに来ると、夢はかなう。」 【あらすじ】 ある日、昼寝をしていたドラえもんは、謎の男・怪盗 …

映画ドラえもん のび太の日本誕生 あらすじ、レビュー

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/movie_collection/ 「7万年前の日本で、壮大な冒険がはじまる!」 【あらすじ】 シリーズ10作目。誰にもじゃまされ …

映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~ あらすじ、レビュー

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/movie_collection/ 「ひとつになれば、大きな力が目を覚ます。」 【あらすじ】 北極でナゾの青い球体と巨大ロボットの …

カテゴリー

アーカイブ