ドラえもん

映画ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記(シティーぼうけんき) あらすじ、レビュー

投稿日:

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/movie_collection/

「生きたおもちゃと不思議な星で大冒険!生命のネジが巻き起こす、スペクタクル ドラ巨篇」

【あらすじ】

藤子・F・不二雄先生の遺作(先生自らの脚本作品として)。
のび太は、ドラえもんが22世紀の商店街の福引きでもらってきた小惑星に、おもちゃの町・ねじ巻き都市(シティー)を作ることに。
のび太たちが、順調に都市を作り上げていく中、地球の凶悪犯・熊虎鬼五郎が、どこでもドアを通ってねじ巻き都市にやってきた!
鬼五郎はタマゴコピーミラーで自分の分身をどんどん作り、ねじ巻き都市を征服しようと企むが…!?

【主題歌】矢沢永吉『Love is you』

【レビュー1】

藤子・F・不二雄氏の遺作。
本作を執筆中の、 1996年9月23日、死去。

氏は、まるで本作が遺作になるだろうことを、予期していたような言動をとっていた。

その一つが、作中に登場する、「種まく者」(創造主)。
「種まく者」は、のび太に対して、「あとは君たちに任せる」と言い残して、去ってゆく。
天地を創造し、生命を生み出すなど、重要な役割を果たした「種まく者」が、
まさかの途中降板のような形で、作中から退出し、二度と姿を表さない展開は、
意表を突くようであり、その不自然さが、かえって印象を残した。

後から言えることかもしれないが、もしかしたら、氏は自分のことを「種まく者」になぞらえて…

【レビュー2】

この作品の作成途中でF先生が旅立たたれてしまい、F先生最後の映画作品となりました。また、この作品はF先生が残してくださったメモを頼りにスタッフの皆様が映画を完成させ、その年も毎年恒例、休むことなく公開できたのだそうです。
そのことを知って改めて見ると、公開日に間に合わせて作品を完成させたドラえもん映画スタッフの皆様の姿と、キャラクターたちが星を守るために力を合わせて立ち上がる姿が重なるようで、心揺さぶられました。
F先生がまいた種が継承され、これからも作品が永く愛されながら続けばいいと思います。

レビュー参照  https://www.amazon.co.jp

 

Sponsored Link

-ドラえもん

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

映画ドラえもん のび太の恐竜2006 あらすじ、レビュー

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/movie_collection/ 「君がいるから、がんばれる。」 【あらすじ】 新メンバー初の映画シリーズは、あの名作のリメイク …

映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城 あらすじ、レビュー

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/movie_collection/ 「謎がナゾよぶ海底人の大魔城!夢と冒険の海底大探検旅行!!」 【あらすじ】 ドラえもんの提案で …

映画ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史 あらすじ、レビュー

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/movie_collection/ 「その時、君はヒーローになる。」 【あらすじ】 ある日、のび太の部屋の畳が突然跳ね上がり、宇宙 …

映画ドラえもん のび太とブリキの迷宮(ラビリンス) あらすじ、レビュー

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/movie_collection/ 「敵か、味方か!?不思議なおもちゃたち。謎が、謎呼ぶ大冒険!」 【あらすじ】 ある日のび太の家 …

映画ドラえもん のび太と奇跡の島 ~アニマルアドベンチャー~ あらすじ、レビュー

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/movie_collection/ 「進め!夢と希望の島へ。」 【あらすじ】 「タイムトリモチ」で500年前に絶滅(ぜつめつ)した …

カテゴリー

アーカイブ