ドラえもん

映画ドラえもん のび太の創世日記 あらすじ、レビュー

投稿日:

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/movie_collection/

「我らこそは新地球を創り出した神様だぞよ!!」

【あらすじ】

夏休みの自由研究のために、ドラえもんの「創世セット」でもうひとつの宇宙を作り、地球そっくりの星に生命が誕生する様子を観察することにしたのび太たち。
やがてのび太の作った新しい地球に人類が誕生。そこには、のび太そっくりの人間もいた。神様になったのび太は、原始時代、神話の時代、おとぎ話の時代と、いろいろな子孫の世話を焼いていく。

【主題歌】海援隊『さよならにさよなら』

【レビュー1】

ドラえもん映画シリーズ16作品目になりますが、唯一、のび太くん達が戦わないお話です。
世界各地でいたずらや救済として介入をしてはいますが、空気砲やショックガンを使いません。
一度だけ双頭ムカデの白神様を押し退ける為に剣と盾を持ちますが、まぁ神様同士という事で…。
以降は観察日記…もとい、見守る存在としてストーリーは進んでいきます。

のび太くんが作り出した地球型惑星、後に昆虫人が地底世界に一大文明を築き地上の人類との邂逅を果たしますが、地上世界を巡ってあわや戦争の危機になります。
結果としてはあっさりと解決してしまうので、ちょっと拍子抜けしてしまうかもしれませんね。
しかしそこは昆虫人の中に、のび太君の子孫であるセワシ君とドラえもんと同じ関係の存在が生まれていた為かもしれません。
この映画の中では彼らが主役という位置づけでしょうかね。

この昆虫という存在ですが、現実世界での進化の過程には謎があり、ミッシングリンクと呼ばれ、彼ら昆虫は宇宙から飛来してきた別惑星の生物では?という説があります。
物語の最大の争いを解決した方法に、そしてこの物語の根底に進化の謎の答えとその説を盛り込むことで、
藤子・F・不二雄先生のSF物語(少し不思議な物語)として完成しているのだと、
そう考えるとまた楽しく観られるのではないかと思います。

【レビュー2】

一つの星をめぐって二つの種族がそれを欲しがっているとしたらあのラストはすごくドラえもんらしいなと感じました。
争いも起こさず誰も傷付かずに今ある技術でその問題が解決するならそれが一番いいです。
現実の世界ではそうもいかないので都合良すぎと言われればそれまでですが、欲しいものを争いで奪うのではなく別の方法や新しく生み出すなど視聴する人たちに色んな考え方が増えるようにメッセージをのせているのかなと私は思いました。

レビュー参照  https://www.amazon.co.jp

 

Sponsored Link

-ドラえもん

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生 あらすじ、レビュー

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/movie_collection/ 「むかしむかし、日本をつくったのは勇気と友情でした。」 【あらすじ】 真夏の暑さにたえられなく …

映画ドラえもん のび太の南海大冒険 あらすじ、レビュー

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/movie_collection/ 「宝島発見!?ドラマチックですこし不思議な、マリン・アドベンチャー!!」 【あらすじ】 「宝島 …

ドラえもんの海底鬼岩城を30年ぶりに見た感想

こんにちは、三姉妹の父です。我が家にドラえもんブームが到来しております。 娘たちがドラえもんに興味を持ち始めたのでドラえもんのDVDを良くみるようになりました。 今までワンパターンのアンパンマンを見て …

映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険 あらすじ、レビュー

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/movie_collection/ 「その友情は、10万年さきまで凍らない。」 【あらすじ】 真夏の暑さにたえられなくなったのび太 …

映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝 あらすじ、レビュー

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/movie_collection/ 「ぼくらの希望が 未来を動かす。」 【あらすじ】 のび太は、裏山から拾ってきた小さな苗木に、「 …

カテゴリー

アーカイブ