ドラえもん

映画ドラえもん のび太と鉄人兵団 あらすじ、レビュー

投稿日:

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/movie_collection/

「地球をねらう鉄人兵団来襲!ドラたちと巨大ロボット軍団の一大決戦がはじまる!!」

【あらすじ】

どこでもドアで北極に来たのび太は、ロボットの部品を発見。それを持ち帰り、誰もいない鏡の中の世界でロボットを完成させる。
だが、実はこのロボットには恐ろしいミサイルがついていた…。
さらに、現実の世界で、ロボットの持ち主だという謎の少女リルルに鏡面世界に入るための道具を貸してしまったのび太。だが、しばらくして鏡の世界をのぞいてみると、そこには地球を攻撃するための基地が作られていて…!?

【主題歌】大杉久美子『わたしが不思議』

【レビュー1】

幼いながらに感動し、一度しか見たことがないのに今でも記憶に残る思い出の映画。
あれから30年が経って久しぶりに観賞。
昔の映画だから絵は古いけど、今でも心に響くストーリー。
映画を見終わって、単に「楽しかった」では済まない、この複雑な心情はどう表したらいいのだろう。
心の葛藤に正面から向き合い、悩み、前に進んで行く。子供の好きなロボットで惹き付けながらも、心を育む、心に訴えかける場面もしっかりと作られている。
また、現実の人間社会の風刺もあり、未来を担う子供たちへのメッセージにもなっている。
これらに対して、自分なりの答えを出すには時間がかかり、心情がグルグル回ったままになっている。

ドラえもんならではの楽しさのなかにいろいろな贈り物が詰まった、子供向けアニメ映画、屈指の名作だと思う。

【レビュー2】

超巨大ロボットはあくまで映画に視聴者を惹きつける看板役に過ぎません。
巨大ロボの肩に立つ謎の少女リルル。
スネ夫自慢のロボットであるミクロス。
そしてストーリー上で重要な役割を果たすしずかちゃん。
この3人(一部人外)が主役です。ドラえもんは脇役と言っても良いと思います。

人類の始まりをロボットに置き換えて作られたストーリー構成は大胆かつ壮大。
そしてドラえもんが作中で「この映画を見ている人以外は理解できない」と、視聴者に語りかけるメタなシーンが存在する極めて珍しい作品でもあります。
ポスターからは全くストーリーが読めない作品です。未視聴の方は是非。

レビュー参照  https://www.amazon.co.jp

 

Sponsored Link

-ドラえもん

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

映画ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記(シティーぼうけんき) あらすじ、レビュー

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/movie_collection/ 「生きたおもちゃと不思議な星で大冒険!生命のネジが巻き起こす、スペクタクル ドラ巨篇」 【あら …

映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝 あらすじ、レビュー

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/movie_collection/ 「ぼくたち、また会えるよね。」 【あらすじ】 シリーズ25作目。川で溺れかけていた子犬を助けた …

映画ドラえもん のび太と翼の勇者たち あらすじ、レビュー

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/movie_collection/ 「ドキドキは、そらにある。」 【あらすじ】 出木杉から、鳥人伝説の話を聞いたのび太は、空を飛ぶ …

映画 STAND BY ME ドラえもん あらすじ、レビュー

  https://www.amazon.co.jp/STAND-ME-ドラえもん 第38回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞受賞作。 【あらすじ】 本作では、原作第1話「未来の国か …

映画ドラえもん のび太の大魔境 あらすじ、レビュー

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/movie_collection/ 「急げ!のび太たち!犬の王国へ!世界征服の野望に燃えるダブランダー一味と大決戦がはじまる。」 …

カテゴリー

アーカイブ