ドラえもん

映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城 あらすじ、レビュー

投稿日:

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/movie_collection/

「謎がナゾよぶ海底人の大魔城!夢と冒険の海底大探検旅行!!」

【あらすじ】

ドラえもんの提案で、太平洋海底でキャンプをすることになったのび太たち。ドラえもんのひみつ道具を使って、海底探検を楽しんでいると、突然、巨大なイカに襲われてしまう。
危機一髪、海底人に助けられたのび太たちだったが、人間から隠れて暮らしている彼らは、秘密を守るため、のび太たちを閉じこめてしまい…!?

【主題歌】岩渕まこと『海はぼくらと』

【レビュー1】

進化論、文明社会批判、冷戦批判、法律批判、AIの話と、難しい話題が多く詰め込んであるから子供には少し難しいかもだけど、神レベルにわかりやすく説明されてて面白い。
ドラえもんの映画をさらにヒットさせるために、親もターゲットにしたからなのか。
ドラえもんがのび太たちを危険に晒さないよう時には怒ったりしていつも以上にみんなを監督・マネジメントしていたのも、ドラえもん=親、の見立てなんだろう。
でも配給収入は去年までの36作を含め一番低い作品。
偏差値を高くすると売れなくなるんだなぁ。
売れるためには誰にもわかるようなものでないといけない、の典型例だ。
友情は人間同士ではなく人間と機械、というのも斬新。
窮地を救う閃きを提供するのがしずかちゃん、というのもこの頃からテンプレ化されている。

【レビュー2】

のび太やドラえもんが冒険する新世界、海底。
その新世界での、新しい友情の芽生え、海底人。
そして、その友情のための、敵との戦い、ポセイドン。
最後には、悲しい友との別れ。

アトランティスの謎、ムー大陸といった古代文明の要素、
バギーちゃんとしずかちゃんとの、機械と人間の交流の描き方は、
ドラえもん映画屈指の完成度を誇る。

ラストシーンでのしずかちゃんの涙と、
バギーちゃんの決断には、高いカタルシス効果があり、
子供映画の枠にとらわれない、
大人が見ても十分楽しめる内容になっている。

レビュー参照  https://www.amazon.co.jp

 

Sponsored Link

-ドラえもん

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝 あらすじ、レビュー

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/movie_collection/ 「ぼくらの希望が 未来を動かす。」 【あらすじ】 のび太は、裏山から拾ってきた小さな苗木に、「 …

ドラえもんの海底鬼岩城を30年ぶりに見た感想

こんにちは、三姉妹の父です。我が家にドラえもんブームが到来しております。 娘たちがドラえもんに興味を持ち始めたのでドラえもんのDVDを良くみるようになりました。 今までワンパターンのアンパンマンを見て …

映画ドラえもん のび太の南海大冒険 あらすじ、レビュー

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/movie_collection/ 「宝島発見!?ドラマチックですこし不思議な、マリン・アドベンチャー!!」 【あらすじ】 「宝島 …

映画ドラえもん のび太のドラビアンナイト あらすじ、レビュー

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/movie_collection/ 「しずかちゃんが行方不明!砂ばくの奥にある黄金の宮殿。そこに住むものの正体は……!?」 【あら …

ドラえもんのワッペンを目印に。スモック、上履き袋など。入園グッズをドラえもんで揃えよう。

ドラえもん好きな娘が幼稚園に入園しました。親バカかもしれませんが、幼稚園に楽しく通えればと入園グッズをすべてドラえもんで揃えています。 DVDをみたらドラえもんブームが到来 きっとドラえもんが付いてい …

カテゴリー

アーカイブ