X線作業主任者

エックス線作業主任者試験「測定」の計算問題を解説(過去問2018年4月、2017年10月、2017年4月)

投稿日:2018年8月17日 更新日:

今回はエックス線作業主任者試験「測定」の項目の計算問題について、公表されている過去問を使用して、私なりの解き方を解説していきます。

エックス線作業主任者試験 過去問 解説

過去問 2018年4月・2017年4月 測定 問9

問題

まずは自分で解くことが大事です。やればやるほど解けるようになってきます。がんばりましょう。

2018年4月と2017年4月でほぼ同じ問題がでていました。解き方は同じです。

解き方

「測定」の項目で出題される標準偏差の問題は簡単です。公式を覚えて計算するだけです。

覚える公式は2つです。

公式

計数値N と 計数率n が間違えやすいので注意しましょう。この公式に当てはめたら終わりです。公式も簡単なのでこの問題は解けるようになりましょう。

解説

今回の問題は測定時間が50秒、計数率が3200cpsです。公式にあてはめてみましょう。下記では標準偏差はσとしています。

ということで、答えは(2)です。

スポンサーリンク

過去問 2017年10月 測定 問9

問題、解説

この記事で解説した2018年4月測定の問9の公式を覚えていれば解けますね。

答えは(2)です。

過去問 2018年4月・2017年4月 測定 問10

問題

この問題、2018年4月と2017年4月で全く同じ問題が出ていました。問題番号まで同じ…

解き方

①    単位時間あたりの1cm線量当量率を求める。

②    実効エネルギー180keVの校正定数を求める。

③    ①で求めた1cm線量当量率に②で求めた180keVの校正定数を掛ける。

解説

①    単位時間あたりの1cm線量当量率を求める。

問題文から、フルスケール10μSvのサーベイメーターで測定して、100秒でフルスケールとなっています。100秒で10μSv線量を測定したということです。

100秒で10μSv

1秒で0.1μSv

1時間で360μSvですね。

    実効エネルギー180keVの校正定数を求める。

問題文から、120keVで校正定数0.85、250keVで校正定数0.98です。校正定数は直線的に変化するということですから、実効エネルギーが10keV増加すると校正定数0.1増加するわけです。

つまり、180keVの時の校正定数は0.91となります。

③    ①で求めた1cm線量当量率に②で求めた180keVの校正定数を掛ける。

よって、 最も近い値は(2)になります。

 

計算問題は慣れです。何度か練習すれば解けるようになります。がんばりましょう。

 

Sponsored Link

-X線作業主任者

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エックス線作業主任者の試験傾向(管理)を過去問から分析

公表されているエックス線作業主任者の過去問10回分から試験科目の1つの「エックス線の管理に関する知識」の試験傾向をまとめました。 仕事をしながらエックス線作業主任者試験を受けられる方は試験勉強に費やせ …

エックス線作業主任者を受ける方に必要な情報をまとめました。

こんにちは、2017年にエックス線作業主者の試験に独学で合格しましたPINATANです。 エックス線作業主任者の資格を取ろうとしている方へ、試験の概要、受験資格、受験申請、勉強方法、参考になるサイトな …

X線作業主任者の計算問題を解説。(過去問2017年4月)私はこう解いた。

こんにちは、独学でX線作業主任者に一発合格しました。 ここでは、公表されているX線作業主任者試験過去問の計算問題を扱い、私の解き方をお伝えしていきます。 この記事がみなさんのお役立ちとなれれば幸いです …

X線作業主任者の計算問題を解説。(過去問2018年4月)私はこう解いた。

こんにちは、独学でX線作業主任者に一発合格しました。 ここでは、公表されているX線作業主任者試験過去問の計算問題を扱い、私の解き方をお伝えしていきます。 この記事がみなさんのお役立ちとなれれば幸いです …

X線作業主任者試験に一発合格した勉強方法をお伝えします。

2017年の1月にX線作業主任者試験に一発で合格しました。 会社で仕事をするのに必要だから取ってということで、X線って何? という状態でしたがX線作業主任者試験を受けることになりました。 この記事を見 …

カテゴリー

アーカイブ