脱・会社員に燃える管理人プロフィール

こんにちは、

プロフィールを見て頂きありがとうございます。

私は子供が3人(うち1人はダウン症児)いる30代の普通の会社員です。

このブログを始めた理由は1つです。

それは「会社員をやめる」ためです。

 

◎なぜ会社員をやめるのか

それをいう前に現代について、少し伝えておきます。

今の世の中には、ブログで生計を立てている人(ブロガー)が多くいます。youtuberもよくテレビで見るようになりました。ブロガーやYouTuberはどうやって生計を立てているかというと、広告を掲載して広告料をもらい収益を得ています。

これらはネットを使ったビジネスであり、ネットビジネスと言います。

 

現代はインターネットの普及により、個人が一億人を相手にビジネスをできる時代となっています。

そのため、個人がネットビジネスで生計を立てることができる時代が到来したのです。

要は会社に勤めなくても生活できるようになったということです。

 

◎あなたならどちらの道を選びますか?

最初の質問に戻りますが、なぜ会社をやめるのか、ということですが、次の質問を考えてみてください。「道を歩いたいたら別れ道がありました。あなたはどちらの道を選びますか」

①  今まで通り会社に勤めて生計を立てる

②  ネットビジネスをして生計を立てる

 

この質問を自分に投げかけた時に、私は②を選びました。だから、会社をやめるのです。(まだやめてないです。生計が立てられる見通しが立ったらやめます)

なぜ②を選んだかというと、ネットビジネスをして生計を立ててる人の方が生き生きしているからです。人生が楽しいと思うからです。

ネットビジネスで生計を立てている人の生活をご存知でしょうか。

一言でいうと、自由です。好きな時間に好きな場所で好きな人と仕事をしています。

【ネットビジネスの魅力】

①時間に縛られない。

出勤する時間は決まっていません。満員電車に乗る必要もないです。夜中に遅く起きていても、朝に起きなくても問題ないです。ネットビジネスしている人の特徴に目覚ましをかけないという特徴があります。

②場所に縛られない

ネット環境とパソコンさえあれば、どこでも仕事ができます。好きなカフェでもできるし、もちろん自宅でもできます。旅行中でもできます。

③やればやるだけ収入が増える

たとえば、あるブログで月に10万円稼げるブログとなり、それを10個作れば月に100万円になります。やればやるほど成果があがります。

④相手を選べる

嫌な相手と付き合う必要がなくなります。

私は、会社員生活を続けるのと、ネットビジネスで生計を立てるのと、どちらの方が自分にとって楽しい人生が送れるかを考えた時に、ネットビジネスで生計を立てることを選びました。

 

あなたならどちらの道を選びますか。

 

◎  会社員って安定?

「ネットビジネスをしようと思う」

というと、たいていの人は反対します。

「そんなの失敗するからやめた方が良い。会社員やってれば安定なんだから」

会社員をしていれば本当に安定かというと、とても疑問を抱きます。

【会社員でいることのリスク】

①リストラの可能性

会社の経済が傾けばリストラされる可能性があります。私の勤務している会社でもリストラがあり、主に給料が高めの年齢40以上の人が対象でやめさせられました。表向きは希望退職でしたが、何度も会社側から面談されるうちに、対象者は全員退職をしました。

②異動、転勤の可能性

私の体験談になりますが、突然異動を言い渡されました。入社して最初に入った職場であり、仲間もいて特に不満なく働いていましたが、突然の辞令でした。また今の職場に戻れるということで異動しましたが、結局戻れませんでした。

そして、転勤の話も出てきました。子どもが小さくムリということを伝え、今のところ回避できていますが、そのうち、転勤の話がまたくると思います。

③ストレスでうつ病に

上司や先輩、客先に嫌な人、相性の悪い人がいると、うつ病になる場合があります。うつ病になって会社に来れなくなる人を何人も見てきました。

会社員をやっていれば安定という時代はとっくに終わっています。いつリストラがあるかもしれない、転勤があるかもしれない、嫌な人が上司になるかもしれない、そして、そんなことがあっても、何があっても、家族を養うために会社員として働き続きなければならない。

私は会社に縛られた人生はもうやめようと思いました。

 

◎  個人で稼ぐスキルを身につけると安定する

会社員であることのリスクを避けるためには、会社に縛られないためには、自分が心から楽しめる人生を歩むためには、個人で稼ぐスキルを身につける必要があります。

あなたが個人で稼ぐスキルを持っていれば、会社をやめるという選択もできます。

生活するのにほぼ困らない、月100万円を安定して稼いでいる人たちは、「お金のことを心配する必要がなくなった」と言っています。

個人が稼ぐスキルを身につけると会社でリストラにあったらどうしようというような不安から解放されます。お金に対する悩みがなくなります。そして、安定が手に入ります。

 

個人が稼ぐスキルとは何かというと、集客するスキルと販売するスキルです。

このスキルは不変であり、生涯使えるスキルです。集客するスキルはコピーライティング、販売のスキルはプロダクトローンチ等です。

成功者はみなこれらを学んでいます。

ここで紹介すると長くなってしまいますので、すごい簡単にいうと、ジャパネットタカタはなぜ毎回同じやり方なのか、ということです。意味不明か(笑)

個人で稼ぐスキルは不変で、生涯使えるスキルでこれを身に付ければ安定するということを伝えたいです。

 

◎  ネットビジネスをしないことの方がリスク

インターネットが普及した現代において、たいした費用もかからず稼ぐスキルを磨けるのがネットビジネスです。つまり、リスクがほぼありません。

ネットビジネスは数千円程度で始められます。だから、失敗しても数千円です。多くても数万円程度です。ですが、成功すれば月に100万円稼げたりします。本当です。そういう人を何人も知っています。

ネットビジネスは、ほぼノーリスク、ハイリターンです。

今は学生や主婦や会社員など多くの人がネットビジネスをしています。

そして、副業で始めたネットビジネスが、本業の収入を越えて起業するパターンはよくあります。

数千円程度の費用で始められて、生涯稼げるスキルが身に付けれるのがネットビジネスなのです。

私からすると、ネットビジネスをしないことの方がリスクだと思います。

 

◎  ネットビジネスは簡単ではない。だから勉強する。

なぜかネットビジネスは楽して簡単に稼いでいるというイメージを持っている人が多いです。

あと、悪いことをして稼いでいるというイメージもあるようです。

ネットビジネスは真っ当なビジネスですし、ぜんぜん簡単ではありません。むしろ会社の仕事より難しいと思います。

自分で何かの商品を売って見れば分かると思います。ぜんぜん売れません。まず売るという土台にすらたどり着けない人もいると思います。

月に5000円以上稼ぐ人は、1割程度しかいないと言われています。

 

考えれば簡単なことです。

「あなたの仕事を新人に任せたら、その新人はあなたと同じように仕事ができますか?」

 

できませんよね。「基本も知らない入ってきたばっかりのお前にできるわけないだろ」という感じですね。

ではどれくらい勉強期間が必要でしょうか。

「新人があなたと同じように仕事ができるようになるためには、どれくらいの勉強期間が必要ですか?」

 

これは仕事によりまちまちでしょう。

ネットビジネスにも色々ありますが、稼げるようになるまでに、半年間は勉強が必要と考えた方がいいでしょう。

 

◎どうやって勉強するか。で、たどり着いたのが次世代起業家育成セミナー【無料】

ここまでお読み頂きありがとうございます。もしかして、あなたはネットビジネスに興味がありますね。で、あれば必ず見るべきセミナーがあります。無料で見れますので安心してください。

【次世代起業家育成セミナー】

ネットビジネスを勉強するのに最も適した内容と思います。このセミナーに出会えたことは、あなたは成功に近づいたと思っていいと思います。名前はあやしさ満点なのですが、内容は本物です。

学べるものは下記です。

「超一流起業家の思考(成功者の思考)」

「ビジネスの本質(お金の稼ぎ方)」

日本の教育では決して教わることのない内容であり、会社員生活だけでは一生聞くことができない知識です。

自ら情報を取りにいった人だけが知り得ることができます。成功する人というのは行動する人のことです。

メールアドレスを登録するだけで見れます。

私もこのセミナーで勉強しています。

もう1つサイトを運営していて、そこでセミナーを紹介しています。それを見るとどんなセミナーでどんな人が講師でというのが分かりますので、リンクから見てみてください。

 

最後までまで読んでいただいたあなたには次世代起業家育成セミナーは見てもらいたいです。

起業に成功した成功者の思考とビジネスの本質が学べます。見ていただければわかりますが、講師の実力は本物です。

 

最後までお読み頂きありがとうごさいました。

プロフィールなのかセミナーの紹介なのかよくわからなくなりましたが、私の考えを記載しました。

どうぞよろしくお願いします。

m(_ _)m

 

Sponsored Link

投稿日:2017年10月12日 更新日:

執筆者:

Sponsored Link




カテゴリー

アーカイブ